雑記

デザイン学生のぼやきです

Fusion360を始めた

最近AutodeskのFusion360というのを始めた。

俗にいう3D CADで他のCADソフトと大きく違うのはクラウド型ってところなのかな、正直いまいちわかってないのだけれどスタートアップや学生は無料なので使ってみることにした。Fusionだけでレンダリングまで完結できるのとスカルプトがやりやすい程度の前情報。

 

実際に参考書を見ながら進めて見たらまぁストレスフル。

ストレスフリーどころじゃないストレスフル。自分がRhinoderosをもともとやっていたのでそことの操作感のギャップが酷くてマジで何度もやめそうになったけどスカルプトを始めたくらいから面白さがわかってきた。

ライノにない機能で言うと、あとはフィーチャー機能もとてもいい。

今までいらないかなと思ってたけど、これあるのとないのだと全然違う。ソリッドモデリングはライノのがやりやすいんだけど、これはこれでいいのかもしれない。

そんな感じで少し慣れてきたところでモデリングレンダリング練習にDJIのMavic Proを作ってみた。

f:id:jidesign:20170613202257j:plain

f:id:jidesign:20170613202303j:plain

モデリング自体も楽しかったんだけど、レンダリングが地味に楽しくて5時間くらいずっとマテリアルとかライトの設定をやってた。

これができて、ある程度のものなら作れるなと思ったら急にFusion熱が冷めてしまって、以前ほどこれに時間突っ込むことはなくなった。

ドローン作るのは楽しいので次はコクーンってやつを作ろうかなと思っている。

 

今は興味が別のところに向いていて、Processing熱がふつふつと湧いてきている。単純なビジュアルだけじゃなくてインタラクティブなものを作りたいなと思いつつ、今までやってこなかったTouchDesignerを始めてみようかなと思っている。

自分はこんな感じで新しいことを始めるのが好きなので色々手を出してるのだけれど、たまに「別にそんなことできなくてもいいでしょ」みたいに言ってくるアホがいる。普通に死んで欲しい。

まあ使う機会はこないかもしれないけど「知らなくて使わない」のと「知ってて使わない」とでは雲泥の差があると思っているので、残り少ない学生生活の中でもう少し色々やってみようと思う。

Media Ambition Tokyo

特段書くことがなかったっていうのが一番の理由だけど、ここのところ打ち合わせやら中間審査やら就活準備やらで地味に忙しくて記事を書いてなかった。しかしながら文字に起こすと頭の整理になるし、割と文章書きには自信があったがそもそも下手なことが分かったので鍛えるついでに続けようとは思う。

 

今日はずっと進めていたChronoscapeのプロトタイプを展示するMedia Ambition Tokyo 2017の会場設営に行ってきた。最終のデザインはプロのデザイナーにお願いしたので自分のデザインではないが、半年以上関わってきたモノがMATっていう大きな舞台で展示されるっていうのは嬉しいし、感慨深いものがある。

会場に入るのに貰ったパスにARTISTの表記があり、なんだかむず痒くなる。別にアーティストではないが、テクノロジーアートの展示会みたいなものなのでまあ仕方ない。

f:id:jidesign:20170212214918j:plain

自分らが提案したのは旅行体験をよりリッチにするためのデバイス。インターネット上にある膨大な画像を使って新しい体験を提供するというモノで、インタラクションの部分は気持ちの良いものになったと思う。正直そこはテクニカルサポーター様様と言ったところで自分たちの予想を超えて綺麗な印象を受けた。 当初のコンセプトに合った万華鏡を感じるところもあり不思議な体験になっている。

f:id:jidesign:20170212220436j:plain

f:id:jidesign:20170212220724j:plain

設営の最中に外人が興味を示してくれて、好印象だった。使いながら表情がコロコロ変わって面白いと思ったが、自分たちが作ったものを面白がってくれるのを見るのはなんとも嬉しいものがある。これは卒業研究の時にも感じたことで、工業デザインが主体の他の卒研とは違いインスタレーション寄りではあったが、展示に反応してくれているのを見て嬉しくなったのを覚えている。

こういうことをやっているとやっぱり面白くて新しい体験ができるモノを作りたいなと思うが、モノづくりにも関わりたいので就職先に悩むハメになる。実働プロトタイプというのはやはり作ってても見てても面白いので、就職してから趣味でできるようにやっぱり、時間を取れる今のうちにArduinoをちゃんと勉強しようかなと思っている。勉強といっても何か作りたいものに対して覚えていくスタイルで気長にやっていこうと思う。

 

今日ちゃんと見れたのは同じくAndroid Experiments OBJECTでグランプリを受賞した作品のみだったので他の作品は明日じっくり見てこようと思う。AEOの作品だけでも面白いものばかりだったので時間のある人は是非森ビルまで足を運んで見て欲しい。

 

mediaambitiontokyo.jp

www.android.com

就活

最近ようやっと就職活動を始めた。学部の時は院一本だったので人生初の就職活動でもう嫌になってきているが、まだインターンの選考なので、本選考になったらどうなってしまうんだと頭が痛くなる。その関係で色々調べてるわけだが業界研究なんて大したものではなく、就活ガチ勢からしたら鼻くそみたいなものだろうが、あいつらも鼻くそみたいなものなので気にしない。

 

一応デザイナーを志望しているが明確なビジョンなどはなく、何か面白いことができる企業だったらどこでもいいかなと思いつつある。美女が多くて収入が多い会社なら尚更いい。しかしこのままだと流石にやばいと思い、普段何をして過ごしてるかを考えると楽器や音楽しかないわけで、熱を向けられるのも今の所その分野でしかない。音楽に関わるデザイナーになれたら最高だが、そんなうまくいくとも思えず嫌気がさしている。仕事にできなくとも音楽と関わっていくことはできるのでうまい距離感でやっていきたいと思う。好きなことしていきていくなんてよく言うが、そうできればいいに越したことはないし、それができないからこっちは困っている。志望したら100%受かる社会に早くなってほしい。仕事にすると嫌になってしまうかもとも考えるが、音楽に関わる仕事であれば平気な気はする。

 

こう書いているとそっち側の業界に死ぬほど行きたくなってきてしまった。早く就職活動を終えたい。