雑記

デザイン学生のぼやきです

色々あった

飽き性な性格なので、危惧していた通りしばらくブログを書いていなかった。

前回の記事が2/16だったのでちょうど某社へのインターンへ行って就職活動を始めたくらいの時期に、ブログを書くのをやめている。我ながらなんともわかりやすい精神状態をしていると思う。

色々なこと経験してきているし、大学院生だし正直すぐ決まるだろうと高を括っていた。業界研究やら自己分析なんかしてないし、筆記対策なんてほぼしていなくてネットの練習問題をちょろっとするぐらいだった。ずっとポートフォリオ作って、面接対策もしてなかった。

この記事で就活のことを詳しく書く気はないので省くけど、まぁ爆死に次ぐ爆死。自分以外の就活生全員殺せば内定を取れるとか思ってた。

自分を落としたとこの製品は買わん!とも思ってたんだけど大手受けてたらどんどん自分の生活が旧時代のものになってきてしまうので早々にやめた。

ちなみに内定は出た、神だから。

 

書きたかったのはそんなことじゃなくて、就活中きつくてスマホに入ってる昔の写真を眺めてることがよくあった。昔の思い出に浸っていると、こいつはもう就職してるんだなとか、この頃は就職のことも考えてなくて楽しかったなとか考えて死にたさが倍増する。マジできつい。

そんな中でなんてことのない風景の写真を見て、今まで忘れていたその時の思い出が一気に湧き上がってきたりすることが結構あって、写真のいいところってこういうところだよなあって思った。

最近カメラを趣味にしたがる人が多い気がしていて、それは別に構わないんだけど所轄サブカル系の人たちがまあ目立つ。自分もカメラやってみようかなと思ったことはあるけど、基本的にインドア派なのでスマホでいいかと思ってる。

サブカル系がよく言う「ファインダー越しの風景を切り取ってる」ってのは吐き気がするし死ねって思ってるんだけど、ちょっと分かる部分はある。

俺は写真家じゃないから別に綺麗な写真は取れないし、取る必要もないと思ってる。写真家は商売だから顧客にその風景やら被写体の一番ベストなところを撮影して提供しなきゃいけないけど、アマのいいところはその必要がないところだと思っていて、実際見ている風景を越える体験の写真は無いし、もっと重要なのって見ている風景とか体験をカメラを通じて保存することなのかなって思ってる。

 

多分こっからVRとかMRの技術がどんどん発展していって、昔の思い出に浸るリアリティやら体験の価値は上がっていくと思うんだけど、思い出そのものを見るんじゃなくて、何かがトリガーになって一気に思い出す感覚は忘れないようにしたいなとか思ってる。そんな感じの訴え方とか提案とかができるようになりたいなって1時間前くらいに思った。なんかコンペに出そうかな。

 

今は光る乳首の開発をしているのでそのうちまた記事にします。