雑記

デザイン学生のぼやきです

Fusion360を始めた

最近AutodeskのFusion360というのを始めた。

俗にいう3D CADで他のCADソフトと大きく違うのはクラウド型ってところなのかな、正直いまいちわかってないのだけれどスタートアップや学生は無料なので使ってみることにした。Fusionだけでレンダリングまで完結できるのとスカルプトがやりやすい程度の前情報。

 

実際に参考書を見ながら進めて見たらまぁストレスフル。

ストレスフリーどころじゃないストレスフル。自分がRhinoderosをもともとやっていたのでそことの操作感のギャップが酷くてマジで何度もやめそうになったけどスカルプトを始めたくらいから面白さがわかってきた。

ライノにない機能で言うと、あとはフィーチャー機能もとてもいい。

今までいらないかなと思ってたけど、これあるのとないのだと全然違う。ソリッドモデリングはライノのがやりやすいんだけど、これはこれでいいのかもしれない。

そんな感じで少し慣れてきたところでモデリングレンダリング練習にDJIのMavic Proを作ってみた。

f:id:jidesign:20170613202257j:plain

f:id:jidesign:20170613202303j:plain

モデリング自体も楽しかったんだけど、レンダリングが地味に楽しくて5時間くらいずっとマテリアルとかライトの設定をやってた。

これができて、ある程度のものなら作れるなと思ったら急にFusion熱が冷めてしまって、以前ほどこれに時間突っ込むことはなくなった。

ドローン作るのは楽しいので次はコクーンってやつを作ろうかなと思っている。

 

今は興味が別のところに向いていて、Processing熱がふつふつと湧いてきている。単純なビジュアルだけじゃなくてインタラクティブなものを作りたいなと思いつつ、今までやってこなかったTouchDesignerを始めてみようかなと思っている。

自分はこんな感じで新しいことを始めるのが好きなので色々手を出してるのだけれど、たまに「別にそんなことできなくてもいいでしょ」みたいに言ってくるアホがいる。普通に死んで欲しい。

まあ使う機会はこないかもしれないけど「知らなくて使わない」のと「知ってて使わない」とでは雲泥の差があると思っているので、残り少ない学生生活の中でもう少し色々やってみようと思う。