雑記

デザイン学生のぼやきです

甥っ子にジャーマンスープレックスをかけたい

別に膵臓は食べたくない。

世のお盆ブームに乗っかって日本人らしく帰省している。帰省といっても実家ではなく、毋方の祖父が住んでいる長野県のとある村に来ている。普通にクソほど寒くて柄にもなく「エアコン消した方がいいんじゃない?笑」つってボケたのにスルーされたので全員突発性難聴にでもなったのかと思った。

 

ここで言いたいのはうちの親族と俺との笑いの波長の合わなさではなくて、世の中にはびこるクソガイジ諸君もとい、自称子供好き共の邪悪に物申したくてキーボードを鬼の形相で叩いている。

奴ら、無自覚の悪意でこっちをバンバン攻撃してくるからタチが悪い。こっちも一応大人なので子供嫌い感をとりあえずは出さずにのらりくらりと躱していると、無理矢理にでもコミュニケーションを取らせようとしてくる。それでも躱し続けると事もあろうにやつら俺のことをコミュ障だから子供と関わらないとか言い出す始末。

俺の肩にガキを乗っけて「ほら〜遊んであげて〜」みたいなことをやられた時にはマジで空気がピリついた。ガキの分際で俺と一緒に遊ぼうなんて20年早いんじゃ、ピンサロ嬢にガチ恋してから出直してこい。俺が寛容な心を持ってるから無事で済んでいるだけで、感情に素直だったらクソガキにジャーマンスープレックスをかけて殺してるところだぞ。ここでタイトル回収しました。

 

ここまで書いて思ったのは子供よりも子供好き好き押し付け症候群持ちのガイジ共のが嫌いってことですかね。子供は生まれたてが一番かわいいと思います、自我が形成されてないので。

やつらの厄介な点は自分たちが絶対的正義だと思っているのでこっちの意見なんてカス程度にしか思ってないところだと思う。こっちが子供が嫌いだからというと、「なんで〜?かわいいじゃん〜!」って返してくる。もうこの時点で病気、自分の価値観でしか物事を語れないカスなのでとっとと病院にいってそのまま幽閉されてほしい。もっとなんで?っていう言葉の重みを確かめながら使うべきだと思うんですよね。一発で相手の価値観を否定する言葉みたいに思ってしまう。

別のパターンとしては「君も昔は子供だったんだよ笑」みたいな諭し方をしてくる奴もいるが、謎すぎる理論を展開していることにさっさと気づいてほしい。ルーツのあるものを全て受け入れなきゃいけない理由がどこにあるんだアホめ。お前らは自分のルーツの精子卵子も愛せるのか。

別に子供が好きなのは構わないし、それを身内でワイワイやってるぶんには一向に構わないんだけど、そうじゃない人を異常者みたいに扱う傾向はマジで他のコミュニティと比べて高いと思う。

自分の子供ができたらまた変わるのかもしれないが、それは子供ができた時の俺に任せているので今の俺は100%子供嫌いってことでよろしくお願いします、24際独身です。

 

なんか不満をつらつら書いていくブログになりそうな気がしてきた。 

次は俺がずっと提唱している景色厨という考え方について書くかもしれないです。